住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1福岡朝日ビル2F

電話:092-474-3394

定休日:毎週水曜日

営業時間

11:00~18:30(平日)

10:00~18:00(土日祝)

要予約

バリ・ヴィレMAP

 

海外挙式・フォト婚のご相談

メールでも受付中

E-Mail

info@wedding-village.jp

episode1 国内挙式&披露宴+バリ島フォト婚 “私たちの結婚式ができるまで”

実際の会場セッティングの様子。季節柄、お花は紫陽花を希望。華美なものには興味がなかったため、装花には予算をかけませんでした。
実際の会場セッティングの様子。季節柄、お花は紫陽花を希望。華美なものには興味がなかったため、装花には予算をかけませんでした。

13年間の出版社勤務を経てウエディング・ヴィレッジ在籍2年、それは37歳の初冬。晴れて結婚が決まった私、松永はそれから猛スピードで6月の結婚式に向けて、準備をスタートさせました。30代半ばを過ぎてからの結婚だったということもあり、「荘厳」「華美」「洗練」などというフレーズにはあまり食指が動かず、出版社勤務時代にはブライダル情報誌制作に永く携わってきたこともあって、自分の結婚式スタイルは自然と「これでいこうかなぁ」と決めていた節がありました。これが20131月くらいの頃のことです。

20131月前半時点、私が考える「結婚式スタイル」

「ホテルで親族や親しい友人を招いて少人数婚」

…その後、「海外で挙式&ハネムーン」

 

当時の彼との会話

私:「招待人数はだいたい、私のほうが40人くらいかな?」

彼:「あ~そう、俺は120人以上にはなりそうかな…」

私:「えっつ!?」

 

episode2 “結婚式”、彼には彼の考えがあった!

これが私の中で漠然と考えていた、結婚式スタイルでありました。彼は年下ですが年齢は36歳。ほぼほぼ同年代なワケなので私と価値観は…

詳細は次ページへ続く>>>

episode2へ

episode3 さてさて、“挙式”はどうする?

そもそも海外挙式を希望していた私。その価値観であれば、例え日本国内での披露宴がメインになったとしても、挙式はホテル内のチャペルですればいいじゃない…

詳細は次ページへ続く>>>

episode3へ

episode4 渡航経験なし、彼とのハネムーン!

海外挙式&ハネムーンに携わっていく中で、気になっていたエリアがこちらの2つ。テカポ湖や近隣の教会がとてもロマンティックな…

詳細は次ページへ続く>>>

episode4へ

episode5 結婚をした“実感”が想い出に欲しい!

当初、海外挙式を希望していたその大きな理由は“結婚したという大きな実感”が欲しかったというところにありました。日本での挙式・披露宴…

詳細は次ページへ続く>>>

episode5へ

episode6 フォト婚編 夜8時バリ島ヴィラに到着!

ホテルで神前挙式・披露宴を無事に終えた翌々日の朝、私たちは一路、バリ島へ。披露宴日からバリ島出発まで中一日あけていたのですが、出発前日は披露宴の清算…

詳細は次ページへ続く>>>

episode6へ

episode7 フォト婚編 朝食・ランチを食べ尽くす

いよいよフォト婚当日。とは言っても、お支度も撮影もお昼からだったので、花びらの浮かんだバスタブにゆっくりと浸かった後、レストランでのんびりと朝食を…

詳細は次ページへ続く>>>

episode7へ

episode8 フォト婚編 カメラ目線でノリノリの新郎

買い物から帰ると、カメラマンさんとヘアメイクさん(どちらも日本人)が到着され、早速、私=新婦のヘアメイクがスタート。ヘアメイクさん(初対面)が私の…

詳細は次ページへ続く>>>

episode8へ

episode9 フォト婚編 バリ島ヴィラでフォト婚をenjoy

1時間ほどでヴィラでのお支度を終え、いよいよフォト婚がスタート。スタート地点となる回廊には、アンブレラボーイとフラワーガールが待機してくれていて…

詳細は次ページへ続く>>>

episode9へ

episode10 フォト婚編 ロマンティック過ぎるサンセット

その後も、カメラマンさんに誘導されヴィラ内で数十カット撮影し、100カット超えたくらいで“何か撮りたいカットはありませんか?”とサービス精神旺盛なカメ…

詳細は次ページへ続く>>>

episode10へ

これからの“Bali photo wedding diary”